料金
       
オフライン視聴
PPV(ペイパービュー)
動画配信数
キーワード

いつでも好きな映像を楽しめる動画配信サービスが人気です。パソコンやスマホ、タブレットなどいろいろな端末で視聴できるのが動画配信サービスの魅力の一つです。

しかし映像を見るなら大画面で高音質のテレビで楽しみたいという人も多く見られます。今回は、動画配信サービスをテレビで見る方法を紹介します。

スマートテレビで視聴する

スマートテレビと呼ばれるネット接続可能なテレビなら特別な準備をしなくても対応する動画配信サービスが視聴できます。

最近の大型液晶テレビはネット対応しているスマートテレビタイプの機種が多く、テレビ本体でネット接続設定を済ませればテレビ単体で動画配信サービスが見られます。

スマートテレビのメニュー画面からプリインストールされている動画配信視聴用のアプリを起動するだけなので別途専用端末を用意したり面倒くさい視聴設定をする必要はありません。テレビ本体だけで動画配信サービスを見られるので機会が不慣れな方でもテレビ感覚でサービスが利用できます。

一つ注意しなければいけないのが、スマートテレビ本体が対応している動画配信サービス以外は視聴できない点です。

ほとんどのスマートテレビはスマホやパソコンのようにユーザーがアプリをインストールすることができません。メーカーによってあらかじめ設定された対応する動画配信サービス以外は基本的にスマートテレビ単体では視聴できません。

例えばSONYやPanasonic性のスマートテレビはAmazonプライムビデオに対応していますが三菱製のスマートテレビは非対応です。

すでに動画配信サービスに加入していてテレビの買い換えを検討されている場合は各メーカーの動画配信サービス対応状況を確認しておきましょう。各サービスへの対応状況はアップデートによって変更される場合もあります。

ストリーミング対応端末で視聴する

動画配信サービスの視聴が可能なストリーミング対応のメディアプレイヤー端末をテレビに接続すれば端末経由で動画が視聴可能になります。

ストリーミング対応メディアプレイヤー端末とはHDMI端子に接続できる小型のコンピューターのことでAmazon Fire TVシリーズ、Apple TV、Google Chromecastなどが代表的なものです。

メディアプレイヤーを利用するメリットとしてはユーザーがアプリを追加でインストールできることが挙げられます。

メディアプレイヤー端末はスマホのようにアプリを追加でインストールできるので初期設定では非対応の動画配信サービスでもアプリをインストールすることで視聴可能になります。

ただし、全ての動画配信サービスが対応しているわけではなく一部のサービスに関してはアプリのインストールが不可能になっているので注意が必要です。

メディアプレイヤー端末はパソコンやタブレットよりも価格が安く5000~10000円程度で購入可能です。スマートテレビよりも性能が高いのでレスポンスは快適、ストレスなく動画を楽しめるのも魅力の一つです。

ゲーム機で視聴する

ゲーム機の多くはネットに対応していますがネット対応機能の一つとして動画配信サービスも利用可能です。

Hulu、Netflix、Amazonの配信大手三社はゲーム機への対応状況が良好でSONYのPlayStation3と4、任天堂のWiiとWiiUで視聴可能です。

任天堂の最新ゲーム機「Nintendo Switch」は残念ながら2018年9月現在、どの動画配信サービスにも対応しておらず視聴は不可能です。

ただし、北米ではHuluが対応を開始し専用の視聴アプリが配信されています。日本でも今後Nintendo Switchで動画配信サービスが利用できるようになる可能性はあります。

テレビで動画配信サービスを見るのはそれほど難しい作業ではありません。大画面高音質のテレビで見ると迫力や臨場感が違います。動画配信サービスをパソコンやスマホでしか利用していないという方はテレビでの利用を検討してみてはいかがでしょうか。