料金
       
オフライン視聴
PPV(ペイパービュー)
動画配信数
キーワード

洋画の充実だけでなく無料で見れる範囲が広いU-NEXT

U-NEXTは洋画の数が充実してるだけでなく、毎月貰えるポイントで最新洋画なども視聴できるのが魅力です。動画配信サービスの多くは最新動画を有料に設定していて、別途料金を支払わなければならないことが多いからです。

U-NEXTの場合は毎月の1200ポイント無料ポイントが貰えるため、最新映画を数本無料分で見ることができます。見放題の洋画も充実しているため、新しい動画も名作も見たいという人におすすめになっています。

ポイントがあまりそうな場合は電子書籍などに使うことも可能で、ポイントを無駄にする心配がないのも長所です。

本数だけでなく有料動画がないわかり安さが魅力のHulu

Huluは定額制動画サービスのさきがけで、洋画だけでなく邦画や海外ドラマの取り扱い本数が多いことが特徴になっています。

とにかく数を重視したい人だけでなく、有料動画がないわかり安さもポイントになっています。最新動画でも全て見放題というシンプルな構造になっているため、追加料金が不要になっているのです。

見たくてポイントが必要で見れないといったことがないことが魅力です。2週間の無料期間が存在するため、まずは試してみるのもおすすめです。

オリジナル作品も見たいのであればNetflix

Netflixはオリジナル作品の発表に積極的で独自のドラマや洋画で支持を得ています。

他の動画配信サービスで見ることができない作品があるだけでなく、他のサービスで見られる場合も優良が基本になってしまうからです。

Netflixオリジナルの洋画などで気になる作品があればまず候補に入ります。詳しい洋画の本数などは公開されていないものの2000本を超えるラインナップがあり、さらに増えているといわれています。

有名作品はしっかりおさえられているため、安心して利用できるサービスの一つです。

イタリアやフランス映画が楽しめるビデオマーケット

ビデオマーケットは動画配信サービスの中では比較的低料金なのが特徴です。洋画の本数は他の動画配信サービスに若干劣るものの、イタリア映画やフランス映画が充実しているのが特徴になります。

メジャーなハリウッド映画もおさえているため、どのような映画を中心に見るかで選択肢の候補に挙がりやすいのです。

価格の安さを生かしてまず使ってみて、気に入らなければ乗り換えていくというのも一つの方法です。