料金
       
オフライン視聴
PPV(ペイパービュー)
動画配信数
キーワード

オリジナルの邦画コンテンツにこだわるならNetflix

Netflixの特徴はオリジナルの邦画コンテンツを公開している事です。

他の動画配信サービスでは見ることの邦画や先行配信になる邦画の数が多く、魅力的な作品のラインナップが増えつつあります。

オリジナル以外の邦画も充実しているため、邦画好きなら特に気になる動画配信サービスの1つといえます。

比較的安い料金から利用できるのもポイントで、自分の視聴スタイルに合わせた調整もしやすくなっています。

コンテンツの豊富ささけでなく特集も魅力のU-NEXT

コンテンツの豊富さが特徴の動画配信サービスで邦画も広くカバーしているのが特徴です。

動画は見放題のものとポイントを消費するものにわかれていて、新作を中心にポイント消費をして見る形式になります。

月額契約をしていれば自動的にポイントが貰えるため、追加料金を支払うことなく新作邦画を見ることも可能になっています。

もちろん支払いを追加して個別に動画を見ることも可能で、利用の幅が広くなっています。定期的にかわる特集にも力を入れているため、まだ見ぬ名作邦画と出会える可能性が高くなるのもポイントです。

邦画のラインナップ数を比較するならHulu

Huluは邦画のラインナップ数が動画配信サービスでトップクラスで、単純に数で選ぶのであれば最有力候補になります。

基本的に追加料金なしで次々と動画を見ることが可能で、他の動画配信サービスのように新作だから有料という壁が少ないのも特徴です。

過去には有料配信の動画もありましたが、よりシンプルにするために改められたのがポイントです。

弱点になるのは数が多い分検索をするのが大変になりがちに。自分好みの邦画を見つけるためにはいかに絞り込んで探すかが大切になってきます。

Hulu内で検索するよりもインターネットで検索してタイトルを割り出し、ピンポイントで探した方が早いケースもあります。

邦画でも名作に強いのがAmazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオは邦画の中でも名作に力を入れているのが特徴で、国際的に評価が高い作品を多く視聴できます。

一部有料のものも存在しますが著名な邦画を軒並み抑えられるのは強みになっていて、人気が高いポイントになっています。

一方で最新の邦画などは他の動画配信サービスの方が強いケースも目立ち、住み分けが進んでいます。

最新邦画が有料配信になることも珍しくないため、新しい作品を見たいのであれば他の動画配信サービスを検討するのがおすすめです。